LOADING

NEWS

記事一覧へ戻る

オフショア開発が失敗する本質

開発でもBPOでもですが、オフショアで遠隔の会社を使って何かをするときに上手くいかない原因って、本質は全て同じなんですが、理解されていますか?


ネット検索するとそれこそ山のように情報は出てきますが、本質はたったひとつなんですよ



オフショアを使って失敗する本質


その本質は、カントリーリスクの理解不足です


カントリーリスクって聞いたことありませんか?


投資なんかでよく出てくる言葉ですが、これ、オフショアの会社を使うときにも考えないといけない考え方です


カントリーリスクというとぼやっとしてるので、もっと言い換えましょう


その国ごとの商習慣、その国で働く労働者の国民性、労働と対価に対するスタンス、労働者の働くことそのものに対する意識、契約したことに対する遵守精神の温度感、どういった行動指針をもって労働者は働くのか


上記に挙げたものはほんの一部ですが、そういったもの全てひっくるめてカントリーリスクというものがあるんだ、と分かってないといけないんです



カントリーリスクを回避するには


相手を知ったうえで、自分がしてほしいことをハッキリ伝えることです


そのためにはコミュニケーション(私は安易にこの言葉を使うのは嫌いですが)をとることです。これしかありません



あなたは他人のことが分かりますか?


ここで質問ですが、あなたが日本にいて、私はこの人のことをすべて知ってるし、何を考えているのかもだいたい分かる!なんて言える人が何人いますか?


毎日出社して、同じ空間で働いている隣の席の同僚のことでさえ、そこまで分かる人って稀じゃないですかね?


それが海外の、話す言葉も文化も違うところで育った人が相手なら、尚のことです



コミュニケーションを勘違いしてませんか?


コミュニケーションが大事なのは分かった。そうすればオフショア使ってうまくいくかも知れない。ここまで腹落ちしたとしましょう


ここでよくある勘違いとして、「コミュニケーションが大事」っていうと、世間話をしなきゃとか、仲良くならなきゃとか、飲みニケーションが一番だぜ、なんて言う人が出てきますが、それは山程ある手段のなかのひとつです。本質じゃない


コミュニケーションの本質って、日常的な仕事でのやり取りでクリアできるんです


例えば、あなたがAさんへ資料作成を任せて、期日にそれを提出してもらったら出来栄えがよくない、なんてことがあったとします


そこであなたはどうしますか?


「なんだよ、こんなことも出来ないのかよ」と考えつつ、表面上だけ「ありがとう」とAさんへ言って、黙って自分で手直しして、上司に提出して、次からその人へ依頼しない。これもコミュニケーションです


「なんでこれこうなってるの?この資料作るならここは注意しなきゃダメなところだよね?俺はこうして欲しかったんだよ」とAさんへハッキリ伝えて、Aさん自身に修正させて、次に同じミスをさせないように学ばせる。これもコミュニケーションです


要するに、コミュニケーションって、自分が持っているイメージと、他人が持っているイメージとのすり合わせなんです


これが出来ない人は、単騎突破オンリーワンのスペシャリストにはなれるかも知れませんが、組織やチームとしてのパフォーマンスを出すことが出来ない人です


オフショアを使って成果を上げるなら、依頼して出てきた成果物に対する評価を、ハッキリとあなたの口から伝えれば良いんです


いい仕事をしてくれたなら、「ありがとう、問題なしです。いい出来でした」と伝える


ダメな部分があったら、「ココとココが、この理由でダメ。こうなっているのが正しい(または、こうなっているのが私が望んでいることだ)」と伝える


これを繰り返すだけで、オフショア側で実務をしているメンバー側に、やって評価されることと、やっても評価されないことの行動指針が生まれるんです



オフショアを使うときに重要なのは、行動指針を明確にすること


オフショアを使って成功する秘訣とか失敗談とか、ネット検索したら山程出てきますが、本質はこれだけです


何をしたら評価されるのか?何をしたら評価されないのか?この行動指針をオフショア側に浸透させることです


弊社でも、これが徹底できたお客様は問題なく、弊社フィリピン人エンジニアを使ってのスマホアプリ開発や、BPO事業ができています


逆に、こういったことを隠さずに説明してくれるオフショア会社を見つけたら、きっとそこはいい会社です。長く大切にお付き合いしたほうが良いです


弊社BPOCも、こういったカントリーリスクもあるということを織り込んでご理解頂いたうえで、お取引をしていただいてます


その代わり、アプリ開発やWEB制作ができる自社エンジニアを、他よりも低予算でお貸しすることで、できるだけ気軽にオフショア開発をしていただける仕組みのご提供をしてます


ご興味があればこちらからどうぞ → https://bpoc.co.jp/contact